クソマミレンの愚痴

30超え職歴なし長期引きこもり明けのダメ人間がクソ記事を量産

2017年12月04日クソ散歩

f:id:kusomamiren:20171204204115j:plain

午後3時30分出発。

 

東大島しまむら錦糸町ヨドバシ⇢アルカダイソー⇢安い店⇢帰宅。

明日から更新がしばらく止まります。

 

f:id:kusomamiren:20171204204126j:plain

f:id:kusomamiren:20171204204203p:plain

 

 

朝:チーズトースト、カレー、ごはん、納豆、クルミ、りんご、ヨーグルト、きなこ、はちみつ

昼:ごはん、みそ、味噌汁、ヨーグルト、ココア

夕:なし

多分リアルが充実しないと死ぬまでクソ記事量産し続ける生活になる

f:id:kusomamiren:20171203211142p:plain

 

2017年12月3日時点。

 

アクセス数合計8000。

 

記事数は600ちょい。

 

実は10月くらいの時点で今年が終わるまでに1000記事をもくろんでいたが、予定通りにはいかないものだ。

 

最初の頃は300とか400文字でも投稿することがあったが、ここ1ヶ月は最低500文字を目安としている。

 

400文字くらいでネタが尽きると、直接関係ないことを書き始めて500文字ちょいで投稿するつもりが1000文字を超えたりすることもある。

 

なんという行き当たりばったり。

 

それにしても、全然進歩してないな。

今年よかったことは、先送りしていた問題2つが片付くことだ。

 

でも、金も時間の余裕もあってすぐに解決できる状態にある病気があって勇気のトリガーが引けない時は、とりあえず自分を病院に突っ込んだほうがいいということがわかった。

 

病院の前で踵を返したことがあった。

それは夏。

そんで今は冬。

3ヶ月前に解決していれば3ヶ月余計にそのことについて悩むことがなくなるはずだ。

 

そういえば、ブログを継続的に書き始めたのはちょうどその頃だ。

8月の終わりからこのブログを継続的に書いている。

このブログを立ち上げたのは7月の終わりくらいか。

 

実はもう一つ先にブログを立ち上げていた。(はてなブログ

そっちをメインにして、こっちはたまに愚痴吐き用に使い分けるつもりだったが、前者はもうIDすら忘れてしまったのでログインすらできない。

 

まさか、ダメなこっちの方が600記事まで到達するとは誰が予想したであろうか。

 

ここに俺の真髄が現れていると思う。

 

本当に力を入れるべき事柄に熱が入らなくて、どうでもいいことに力を注いでしまう。

ゲームにばかり熱中して、浪人した揚句、Fラン大に入学したことからも明らかだ。

 

死ぬまでこうなんだろうか。

何一つ人並みの幸せをつかめずに、その穴埋めをするように、10年、20年、30年とひたすら愚痴を量産し続け、10000記事とかいってそうだ。

そこまで行く前になんかやらかしてBANになりそうだが。

 

それにしても、仮にリア充になったとしたら、俺はこのブログを書き続けるのだろうか。

 

バイトしだしても、そのバイト先での愚痴をこぼすことはできるけど、

バイト先の人たちもいい人たちばかりで、彼女もいつの間にか出来て、毎日が楽しいなぁ。たまの休みに友達や彼女と街歩きをして・・・金なしで今まで入れなかったマックやカフェなんかで食事してなんていう、街を歩けば掃いて捨てるほど見てきた人間と同じような休日を過ごす。

 

 

今日は、バイト先の友人と銀座の街を歩きました。

今日は、彼女とデートしてムラムラしたんでホテルで一発やりました。

 

 

どう考えても俺のキャラじゃない。

ムカつく。

今の俺が空想上の俺にムカつく。

吐き気がする。特に下。

ああ、だからカップルに吐き気がするのかもしれない。

 

ひょっとしたら性行為は汚らわしいと思っているのかもしれない。

あんなにAV見て抜いていたのにな。

ますます自分がわからなくなってくる。

 

 

最近ため息ばかり出る。目も虚ろ、顔は諦め顔でヘラヘラ笑っている。

自分がどうなりたいのかもわからない。

2,3ヶ月前くらいかな、彼女が欲しいと思うことがあった。

しかし、オナ禁以前のオナ期でさえ、一方で女なんぞ一生いらんとも思っていた。

 

この矛盾。

なんなんだろう俺って。

悪霊に取りつかれてんのかなマジで。

 

 

 

 

 

 

流行語大賞とテレビ見ない無職

www.nikkansports.com

   インスタ映え(年間大賞)

 35億

 Jアラート

 睡眠負債

 忖度(そんたく=年間大賞)

 ひふみん

 フェイクニュース

 プレミアムフライデー

 魔の2回生

 ○○ファースト

 

今年の流行語大賞の記事だ。

 

この中で俺が聞いたことあるのは、

 

インスタ映え⇢じゅん散歩の原宿の回で聞いた

Jアラート⇢5CHの北朝鮮ニュー速のスレで見た。携帯を契約したことがないのでそんなアラートは俺のスマホにはこない)

忖度⇢ファミマの弁当で聞いた。

ひふみん⇢加藤一二三のことだと思う。ニコラジに2回も出たから知っている。

プレミアムフライデー⇢金曜日が早く帰れる的なものかな。無職には関係なし。

○○ファースト⇢都民ファーストというのは聞いたことがある。

 

 

ザ・ノンフィクションとじゅん散歩以外のテレビを見ない俺でも意外と聞いたことがあるものがあった。

 

35億、睡眠負債、フェイクニュース、魔の2回生は見当もつかない。

ブルゾンちえみというのも聞いたことあるだけでネタとかは全く知らない。

 

24時間テレビのランナーになったことはちらっと見た覚えがあるが、24時間テレビは1秒たりとも見ていない。

渡辺直美芦田愛菜のモノマネしてた人と何が違うんだろう。

 

芸人系で流行語大賞とかよく見るけど毎年本当に流行ってんの?吉本が買収してんじゃないの?ってのがテレビ見ない人の感想。

いつぞやのエレキテルとか、なんとか安村とかも全然知らなかった。

 

流行語って「今でしょ!」みたいな奴だと思うんだけど近年の無理矢理感といったらない、流行とかけ離れた世界にいる無職は思うのである。

 

2017年12月03日クソ散歩

f:id:kusomamiren:20171203193321j:plain

肌着探しを兼ねて江東区をウロウロする。

区外には出ていないはず。

 

区役所前ベンチで座っているとわざわざ俺の隣に親子が座った。

こういう意味不明な現象がたまに起こる。

父子で父が喫煙しているのかタバコ臭かった。

またゴミか。

足早にその場を離れる。

 

f:id:kusomamiren:20171203193328j:plain

まず、南砂のイオンにいく。

つぎに、木場のイトーヨーカドーに行く。

目当てのものに類似した商品はあるものの、ピンポイントがない。

もう妥協しよう。

今日も買わなかった。

手術前なのに一体俺は何をやっているんだろう。

 

f:id:kusomamiren:20171203193334j:plain

豊洲への橋。

f:id:kusomamiren:20171203193345j:plain

反対側。

 

f:id:kusomamiren:20171203193349j:plain

ビルの高さが階段状になっている。

 

f:id:kusomamiren:20171203193401j:plain

ちんたら豊洲

 

f:id:kusomamiren:20171203193409j:plain

ららぽーとにはトイレだけ借りる。

空間を構成する雰囲気を嫌気してすぐに立ち去る。

復路。

ららぽーとから木場へ向かう。

ほとんど同じ道を通る。

 

f:id:kusomamiren:20171203193413j:plain

一回も来たことがない公園ででっかいパイナップルのようなものがあった。

なんじゃこれ。

 

信号無視したらバイクに引かれそうになる。

クラクションすら鳴らさずに目の前50cmを通り抜けていった。

不思議と危なかったぁ~!と心臓バクバクすることはなかった。

ヒヤッとはしたが、妙に落ち着いていた。

そして、いっそのこと轢かれ死ねばよかったかなという考えが一瞬頭をよぎった。

つーか、横断歩道つけとけよ。アホ江東区

 

 

たまにこういう地点がある。

例えば、スカイツリー前。

ひとつづきの道の途中が車道でぶつ切りにされている地点。

そこに横断歩道はない。

 

目に見えない横断歩道があるように見える。

そういう、本来横断歩道作るべきだろ!ってとこに作ってないと人が横切る。

スカイツリー前だとしょっちゅうそういう人たちを見る。

 

なぜ横断歩道を作らないのか。

きっとここに横断歩道を作ると不都合が生じるんだろうなな。

車の流れのリズムとかテンポの関係なんだろうか。

 

 

近くの来たことがない道沿いの公園。

ベンチに座る。

しばらくしてジジイが座る。

そのじじいは暫くして喫煙。

 

暗闇の公園のベンチに座るような人間は小汚いジジイが多い。

そしてそういうやつの喫煙率はほぼ100。

なぜ俺の近くにはゴミが集まってくるのか。

類友というやつだろうか。

しかし、タバカスと一緒にされるのは心外だ。

足早にその場を離れる。

 

 

f:id:kusomamiren:20171203193418j:plain

f:id:kusomamiren:20171203193424j:plain

帰りの木場イトーヨーカドー

こういうイルミネーションを見ると、クリスマスだなぁと思う。

と同時に、カップルを想像する。

 

俺は絶対あいつらの仲間入りはしない。

そう心に誓うのであった。

 

俺は女が食わず嫌いだ。

なんか見ているだけでイライラしてくる。

そんな女にいいように巻きつかれてヘラヘラ鼻の下を伸ばしている男も見ていていい気はしない。

 

俺は性欲は今は壊滅的にないしもうパイプカットしてもいいかなとすら思っている。

パイプカットがどういうものかよくわかっていないけど)

だからそういうカップルのような女入りのグループはなるべく視野に入れないようにしている。

 

せっかくだから一生女には心を許さないという人生もありかもしれないと考えている。

あいつらに関わると浮ついた気になっていざはしごを外された時に痛い思いをする気がする。

 

しかしプライベートで一切女と関わらないで一生を終えた神はいるのだろうか。

しかしこのまま行くと俺は神になれそうだ。

 

自宅⇢南砂⇢木場⇢豊洲⇢木場⇢南砂⇢帰宅

 

f:id:kusomamiren:20171203193432j:plain

 

 

朝:びびん麺、きゅうり、卵S2こ、チーズトースト

昼:味噌汁、さんま、ごはん、ココア、ヨーグルト

昼2:チョコレート60g、キャラメル4粒

夕:チーズトースト2枚、カレー、チョコレート50g、キャラメル4粒

自分の意外な一面

 

2つ3つくらい前の記事でさらっと書いたが、今日俺は自分でも意外な行動を平然とやってのけた。

 

入院の際に必要になる特殊な肌着を探している時のこと。

1件目のダイソーには置いてなくて、2件目のマツモトキヨシにも置いていなかった。

実際に店員に尋ねたのはダイソーだけ。

2件目のマツキヨはこじんまりとした店舗で、簡単に陳列されている品物のほぼすべてを店員に聞かずとも把握できた。

丹念に陳列棚を一段一段調べたわけではないが、置いてない雰囲気というものはだいたいわかる。

というか、AMAZONで購入するのが一番早いが、到着が入院前日になることは必至で、少しタイミングがずれると間に合わないという微妙な時期。

だから、自分の足で探す必要があった。

3件目、そういえば、ホームセンターというのはどうだろうと思い、ホームセンターで働くおばちゃんに聞く。ちょっとつっかえながら探しものを伝える。しかし、ダメ。

ところが、ヒントをくれた。

 

となりのスーパーの2Fの衣料品売り場にあるかもしれないと。

 

その情報を頼りに、となりのスーパー2Fに行く。

ざっと見渡したところ、広すぎて発見に時間がかかりそうだったので、棚卸しをしていた人に聞く。

もう人に聞くのも3回目なので、慣れてきたので饒舌に言えた。

しかし3度目にして、確実な手応え。店員の対応が見るからに違う。

ああ、それね!みたいにこちらの意図を全て見通した上で商品の元へ案内される。

すると、そこには店員に見せたスマホの画面と全く同じ商品があった。

「お好きなモノをお選びください」と言われた。

俺は、「おお!まさしく探していたものと全く同じものです。ありがとうございます」

と自分でも驚くぐらいスラスラと流暢に流れるように言えた。

たまにこういう奇跡が起こる。(大袈裟か)

 

しかし、まだ買わなかった。

あるということはわかったし、いざとなればこの店で買えばいい。

もっと安いところをどうせ暇な無職だから探そうかなとペンディングした。

アマゾンよりも70円くらい高かったからだ。(アホ)

これで、一晩経ってなくなっていたら笑える。(いや、笑えない)

 

 

 

ずいぶん長ったらしく書いたな。

ここまでが前置き。

 

 

ここで俺は迷った。

このスーパー2Fの情報提供者のとなりのホームセンターのおばさんにお礼を言うか、このまま立ち去るかで。

 

今までの俺ならば100%、例も言わずに立ち去っていた。

感謝はすれど、わざわざ店舗に再度出向いて礼を言うなんて真似は絶対にしなかったはずだった。

今の俺は無感情に近い常に沈み気味の精神状態で自分の心情的には別に嬉しいとか喜びとかそういう感情の動きはなかった。

 

一方、店員のおばさんの立場になぜか立つことを試みた。

お客さんの要望に答えられなくて残念に思っているんじゃないかとか、すくなくとも気分はすっきりしていないだろうなとか。

俺は少しの迷いを振り切り、頭より体が先に動いていた。考え半ばにとなりのホームセンターに足は向かっていた。

 

自分でもなぜこんなことをしたのかわからない。

俺らしくない行動だった。

 

そして、動機は自分の嬉しい思い、喜びを伝えるためというのではない。

 

そのおばさんが抱いていると思われるモヤモヤを解消させてあげようとか、もしもさっき品物が置いていないという理由で帰っていった客が、戻ってきて、「教えてもらった通りのところにありました。」なんて戻ってきたらどんなリアクションをするのだろうかという好奇心からだ。

 

ブログネタになるとかそういうことも全然考えていなかった。

ただの興味

 

おばさんのリアクションは、「驚き」だった。

まず、さっき出て行ったはずの客が未だいることへの「驚き」、さらに自分が半ばあてずっぽうで言ったアドバイスがドンピシャリだったことへの「驚き」と、そのことをわざわざ礼を言いにもどってきた客への「驚き」だろう。

 

「わざわざお礼を言いに戻ってきて」とか「ご丁寧にありがとうございます」とか「見つかってよかったですねぇ~」とかの趣旨のことを言われた。

 

予想通りのリアクション。

 

・・・つまらん。

 

 

まぁ、こんなもんだろう。

 

 

しかし、自分の意外な一面を発見した。

 

 

無感情状態だから、好奇心先行になった。

だから、このような番狂わせが起こった。

 

 

そういうことだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛するために愛されたい

 

愛されるよりも愛したいまじで

キンキキッズのうたの歌詞)

 

愛するために愛されたい

坂口憲二の低視聴率ドラマ)

 

キンキの方は、愛したいんじゃ我は!って言いたいのは分かる。

でも、坂口の「愛するために愛されたい」の意味がピンとこなかった。

 

ドラマの内容がとんでもだから意味がわからないという意味ではなくて、

愛するために愛されたい」という言葉の意味。

 

でも今の俺の状態はこれなんじゃないかと思えてきた。

今の俺の潰れかけの精神状態だと、愛したいんじゃボケ!!なんて気にはさらさらなれない。

 

オナ禁で精神が枯れ木とか最近書いた気がするけど、オナ禁関係なしにもう心身ともに枯れ木状態でヘロヘロのペナンペナンだ。

誰にも相手にされないことの弊害は思ったより大きいものだった。

孤独死された方々はこういう気持ちで死んでいったのだろうか。

大原麗子さんとかヤフーニュースでみた中江有里のライバルだった人とか。

長年誰にも相手にされることなく、孤独死したのだとしたら、相当つらいもんだ。

それこそ昔散々ちやほやされてきた芸能人とかならばなおさらだ。

相当厳しい。誰にも相手にされてない歴1年ちょっとの今の俺でさえ結構キテるのだから。

 

だから、誰か愛してくれ!

愛するために愛されたい

誰かが愛してくれたら、愛せそう。(自信なし)

 

男でも女でもオカマでもいいや。

 

 

新宿二丁目行こうかしら。

 

今は冗談。(今後はわからない)

 

ひねくれ男の存在意義

 

俺は現在、誰とも繋がりがない。

家族は生きて入るものの連絡はまるで取っていない。

もう1年以上誰にも相手にされていない。

 

しかしこう長らく他人に相手をされていない生活を送っていると自分の存在価値を疑いはじめる。

俺ってなんで生きてんだろう?って。

 

今まで軽視してきたけど、誰かから認められたり、必要とされていないと自分の価値を疑いだしてしまうんだなということが身を持ってわかった。

 

いわゆる承認欲求。

それが俺にも備わっていたのかという残念感。

 

俺も普通の人間だったのかという残念感。

普通の人間が欲しがるものには興味を示さないぜ!みたいなヴェルタースオリジナルのような特別な存在に違いないと思い込みたかったけど、所詮は人の子なのか俺も。

 

しかし、まだ諦めていない。

どうにかここから拗らせ方の軌道をかえて、この閉塞感を打破する道を模索していくことだろう。

これがひねくれ者の考え方だ。

 

俺は、本当にねじれこじれの性格だ。

素直さのかけらもない。犯罪方面に行ってないことが不幸中の幸いだ。

 

女と手を繋いだり、腕を組んで歩いたりするような男には死んでもならん!!!とか普通に考えている。

どうだ、異常だろう!

 

一方、隣に愛する人がいるとどういう気持になるんだろうとかに興味はある。

人間だもの。

 

だから、彼女が欲しいと思う俺と、彼女なんぞいらんという矛盾した俺が1つの体の中に同居している。

これが苦しみの原因だ。常にコールタールのような粘ついたどす黒いモヤモヤで心の中が充満している。

 

素直になれれば・・・。

 

彼女と一緒に手を繋いだり、腕くんだり、ペアルックでバカップルになれればどんなに楽だろう。

しかし、何かがそれをさせまいとする。

 

もうこれは呪いとしかいいようがない。